歯医者なら一宮市にあるあおぞら歯科こども歯科へ

0586-71-6200
WEB予約

PEDIATRIC小児歯科

あおぞら歯科・こども歯科の小児歯科

まずはお子さまが歯医者に「慣れる」こと

歯医者さんに行くのが嫌、歯医者キライ…。
お子さまにとって慣れない場所、痛い、怖い、何をされるかわからない、なんていう思いがあれば、歯医者のことを嫌いになってしまうでしょう。
小さなうちに怖さや痛みを感じて歯医者に行かなくなると、早期のむし歯発見や予防が難しくなってしまいます。そうならないため、当院ではお子さまが歯医者に「慣れる」ことを大切に考えています。
あおぞら歯科こども歯科では、優しく丁寧な歯医者さんを目指し、お子さまが通いやすい小児歯科の診療を行っております。

嫌がるお子さまへは、無理に治療を開始せず
まずはお話ししながら、褒めて楽しく治療を
受けていただけるように心がけています。
また平日の午前診療時間には、託児サービスを実施中
小さなお子さま連れのお母さまに喜ばれています。

  • キッズスペース

    初めて歯医者さんに来る小さなお子さまには、
    歯医者さんに慣れていただきます。

  • お子さまには楽しんでもらうことを第一に考えます。
    待ち時間に遊んでもらい、
    「歯医者さんは楽しいところ」と感じてもらえるようにしています。

  • お母さまも一緒に
    説明は丁寧に!専門用語はなるべく使わず行います。

  • がんばった今日は
    みんなからほめてもらえるね

むし歯予防

お子さまの成長に合わせ、
3段階で歯を守りましょう!

歯が生えたら…「ブラッシング指導」

最も基本的な予防法は、毎日の歯みがきです。
小さなうちから毎日しっかりと磨くことで、ずっと健康な歯でいられます。
自分自身で行うことができ、理想的な予防でもある歯みがきの正しい方法を、丁寧に指導します。
歯が生えたらブラッシング指導磨き残しがないように染め出しを行いチェックします。

乳歯が生えそろったら…「フッ素塗布」

歯の表面にフッ素を塗ることで、歯を強くしてむし歯への抵抗力を高めます。
乳歯は溶けやすく、むし歯になると進行も早いという特徴があります。
この時期は1年に3回から4回程度フッ素塗布することをおすすめしています。

奥歯に6歳臼歯が生えたら…「シーラント」

奥歯には複雑な形状の凸凹があります。
汚れがたまりやすく、歯みがきをしても残った汚れでむし歯になってしまいます。
この凸凹を埋めて汚れがたまるのを防ぎ、むし歯を予防するのがシーラントです。

虫歯になってしまったら?

当院ではむし歯になってしまったら、削る必要があるかないかを診断するところから始めます。
ダイアグノデントという機器をつかい、むし歯の深さをはかり浅ければ、削らずに経過を見るという選択肢もございます。
早めの受診を心がけましょう。

「なんだか歯並びがおかしい」「どうも噛み合わせが悪いみたい」
「いつも指しゃぶりしていて癖になっている」
お子さまのお口にこのような状態があるときは、一度当院にご相談ください

矯正歯科_噛みあわせや歯並びについて気になる方へ