歯医者なら一宮市にあるあおぞら歯科こども歯科へ

0586-71-6200
WEB予約

MATERNITYマタニティー歯科

マタニティー歯科

みんな気になる
妊婦さんが「心配していること」ランキング

  • お薬
  • レントゲン
  • 麻酔
  • お薬 -服用して大丈夫?-

    妊婦さんへの治療では、基本的にお薬を処方しない方法で治療するようにしています。もし服用していただく場合も、詳しくご説明しますので安心してください。

  • レントゲン -放射線は危ないのでは?-

    歯科医院で使うレントゲンでは、赤ちゃんに直接放射線があたることはないので危険度は低いですが、使用を控えるに越したことはありません。もし、どうしてもレントゲン撮影が必要な治療の場合、必ずご相談の上で行います。撮影時は防護用のエプロンを着用します。

  • 麻酔 -赤ちゃんに影響はないの?-

    治療の痛みを我慢することは大きなストレスで、むしろ母子に影響を与えることも考えられるため、麻酔は通常通り行うことが多いです。歯科医院で使うのは局所麻酔。赤ちゃんまで影響がおよぶことはないので、ご安心ください。

そのほか、気になることはなんでもご相談ください。

マイナス1歳からのむし歯予防

これから生まれるお子さまのため、
マイナス1歳からむし歯予防を

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には、むし歯菌は存在しません。これから接していく大人からむし歯菌が付着することで、赤ちゃんの歯もむし歯になってしまうのです。
身近な大人、お母さまやお父さまの歯が健康であることは、生まれてくる赤ちゃんのためでもあります。
これから生まれるお子さまのため、家族みんなでお口の健康を維持しましょう。

こまめにケアをしてお口の健康を維持しましょう。

妊娠後の変化

妊娠中はむし歯や歯周病のリスクが増えます

妊娠中は、つわりで奥歯の歯みがきがおろそかになり、汚れがたまりやすくなります。また、少量の食事を何度もするため、お口の中が酸性になりやすく、むし歯菌は繁殖しやすい状態に。妊娠中はむし歯や歯周病のリスクが通常より高いことを覚えておきましょう。

妊娠中に重度の歯周病にかかると、早産、低体重児出産などの可能性が高くなります。
家族みんなが健康なお口でいること、お子さまを迎えるために大切なことです。

妊産婦検診について

妊娠中のお母さまは、無料の歯科検診が受けられます。母子手帳が交付されたら、妊婦歯科健康診査を受けるようにしましょう。
出産後にも1回まで受診することが可能。詳細については、各自治体や当院までお気軽にお問い合わせください。

母子感染の予防

生後1年7カ月から特に注意が必要です

乳歯の奥歯が生えるのは生後1歳7カ月から2歳7カ月。この期間はむし歯の危険性が高まります。理由は、食べ物の口移しやキスなどによる唾液感染。85%はお母さまからの感染とも言われています。
帝王切開で出産した場合は、むし歯の危険性が高まる期間が1年早まるともいわれています。

母子感染を予防するには?

感染を予防するため、スキンシップをやめる必要はありません。
スキンシップはお子さまにもとても大切なもの。
感染を防ぐには、お母さまやお父さま、周囲の大人のお口が健康であることが重要です。
あなたのお口が健康であることは、なによりお子さまのためなのです。

予防歯科_むし歯や歯周病になる前に対策しよう